台湾訪問 李登輝先生と面会!

李登輝先生1

1988年から2000年に中華民国総統をつとめた李登輝先生とお出会いできるということで8月4日夜に関空から空路台湾へ。「最高指導者の条件」や「武士道解題」など著作に深い感銘を受けていた私にとっては願ってもないことでした。
92歳の李登輝先生は2時間ノンストップで精力的に自らの生い立ちの話をはじめ、台湾のこと、日本のこと、これからのアジアのことをはじめ政治に携わる者としての心得を話されました。

10556329_649178551844663_7055506079301028233_n[1]_convert_20140807141136
特に私が魅かれたのは、李登輝先生が、武士道精神を再評価しようといっているのは、日本及び日本人本来の精神的価値観を今一度、明確に思い出してほしいという語った点です。日本の歴史とは何か、伝統とは何かということをもう一度、真剣に考えてほしい語られる姿に今の日本人が忘れつつある心意気を感じました。さらに、日本人が持つ、公に尽くし、責任を負い、忠誠を尽くして職を守る日本精神をこれからも失ってはならないと語り「人間とは何か」「私は誰だ」「人生はどうあるべきか」という哲学的問題から出発し、自己啓発を経て、人格および思想を形づくったのは日本教育と位置づけました。そして私は誰だという問いについて結論として、人間は何の為に生まれてくるのか、それは自分のためだけでではない、公のため、社会のために貢献するために生まれてきたのだ。その意味で、自分は自分でありながら自分ではない。その答えを一言で表したのが「私は私でない私」という結論です。まさに東日本大震災で日本人が見せた日本精神に通ずるものだと語りました。

国内外大変混迷を極める時代だからこそ、政治家の覚悟をもって臨みたいと改めて思いました。
プロフィール

ヒロユキカダ

Author:ヒロユキカダ
神戸市長田区選出の兵庫県議会議員。
党派:自民党
平成15年初当選。現在4期目。
神戸新聞マーケティングセンター記者当事、阪神淡路大震災の被災現場を取材したことがきっかけで政治家を志す。「熱血県政」をモットーに、常に現場主義で行動、政策提言している。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR