スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13都道府県議会議長会議

13
第219回13都道府県議長会議が神戸で開催されました。13都道府県とは政令市をかかえる道府県の集まりです。最初にホスト県として石堂議長が開会の挨拶の後、井戸知事が歓迎の挨拶。そして新規加入県として宮城県議会の中村功議長が挨拶されました。

13都道府県
議事では各都道府県議会からの提案された議案の審議を経て次回開催県を静岡県に決定しました。また全国都道府県議長会の高部事務総長から当面の諸課題について報告がありました。その中の一つである指定都市における県費負担教職員の給与負担の移譲について私は、長年給与は県から、人事は市からとねじれ現象だったのを解消する意味では歓迎すべきですが、財源措置については地方交付税制度の原則を踏まえて適切な方法とるようにしっかりと国に申し入れるべきであり指定都市を抱える道府県議会として地元へ戻ったら財政当局や指定都市の議会ともしっかりと連携を密にして頂きたいと発言しました。これは教員給与の問題だけでなく、道府県から政令市への初の移譲のケースなので失敗は許されないとも付け加えました。
スポンサーサイト
プロフィール

ヒロユキカダ

Author:ヒロユキカダ
神戸市長田区選出の兵庫県議会議員。
党派:自民党
平成15年初当選。現在4期目。
神戸新聞マーケティングセンター記者当事、阪神淡路大震災の被災現場を取材したことがきっかけで政治家を志す。「熱血県政」をモットーに、常に現場主義で行動、政策提言している。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。