FC2ブログ

衆議院総選挙を終えて

 この度の衆議院総選挙において自民党に御支援賜りましたことに深く感謝申し上げます。
確かに選挙中、各地で遊説や宣伝カーに乗って支持を訴えていると多くの有権者から激励が帰ってきて手ごたえを感じたが、その一方で自民党も変わってないじゃないかと、どこかさめたような反応も多く気になった。
 開票結果が明らかになったあとの記者会見での安倍総裁の第一声が「必ずしも自民支持が回帰しているとはいえない」と厳しい顔で自ら言い聞かすように言ったのも全くの同感である。
 たしかに無党派層の投票行動みると2009年の総選挙では自民党が15%だったがこの度は20%で5%しか伸びていない。一方、民主党は前回2009年は50%が今回は16%でマイナス34%。前回のデータはないが維新とみんなの党がそれぞれ今回、23%と14%となっていて、小選挙区制のおかげで自民党は議席増は達成できたが、無党派層の取り込みに大きな課題を残している。
 26日には安倍内閣がスタートする。今こそ安倍総裁の勝利会見の第一声のように気を引き締めて頑張って欲しいし、地方の現場から一丸となって支えなければならない。
 自民党自体が総力を結集するときであり、自民党の姿勢が問われていると思う。
プロフィール

カダ ヒロユキ

Author:カダ ヒロユキ
自民党兵庫県 参議院選挙区支部長
神戸市長田区選出の兵庫県議会議員。
党派:自民党
平成15年初当選。現在4期目。
神戸新聞マーケティングセンター記者当事、阪神淡路大震災の被災現場を取材したことがきっかけで政治家を志す。「熱血県政」をモットーに、常に現場主義で行動、政策提言している。党県連青年局長、第121代県議会副議長、党県議団幹事長をつとめ、2019年夏の参議院選(兵庫県地方区)で自民党本部より公認。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR