スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神・淡路大震災から16年目を迎えて

ひょうご安全の日

私にとって政治を志すきっかけとなったあの阪神・淡路大震災から16年目を迎えました。毎年、朝5時46分に行われる慰霊祭に参列し、亡くなられた方々のご冥福をお祈りしました。そして午前11時50分から「ひょうご安全の日1・17のつどい」に出席しました。

震災希望の灯り

また夕方からは長田区内各地で追悼行事に参加しました。震災の時、神戸新聞マーケティングセンターで県広報誌の担当としてライフライン情報や避難所の取材、また復興に取り組む漁協や商店街や地場産業、学生ボランティアなどを取材していくうちに政治の果たす役割の重要さを感じ、伝えることも大切だけど、自ら行動を起こすことが必要と決意し政治の世界へ進みました。県議会議員となってからは、防災について多く質問で取り上げ、防災部局を所管する総務委員会の副委員長や委員長をつとめました。また関西広域連合では兵庫県が広域防災を担当します。震災の教訓を兵庫から関西へ、そして全国へと発信するため頑張ることを誓いました。








スポンサーサイト
プロフィール

ヒロユキカダ

Author:ヒロユキカダ
神戸市長田区選出の兵庫県議会議員。
党派:自民党
平成15年初当選。現在4期目。
神戸新聞マーケティングセンター記者当事、阪神淡路大震災の被災現場を取材したことがきっかけで政治家を志す。「熱血県政」をモットーに、常に現場主義で行動、政策提言している。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。