FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別支援学校の就労支援について質疑

文教常任委員会で特別支援教育の推進について質疑しました。兵庫県議会のホームページから動画サイトからでもアクセス出来ますので是非、ご覧ください。
就労支援については、教育委員会だけでなく、県庁内のしごと支援課や毎年2月1日をひょうごユニバーサルの日と定め、有馬観光協会や県ホテル旅館生活衛生同業組合と一緒に進めている生活衛生課や障害福祉課などなど、庁内の連携を強化することで少しでも前進出来るのではと質疑しました!

スポンサーサイト

かだ裕之 自民党県連で来年夏の参議院議員候補として擁立!

624新聞
6月23日 神戸市内のANAクラウンプラザホテルにて、「自民党県連大会に代わる総務会」を開催。
来年7月に行われる参議院議員通常選挙選挙(兵庫県地方区)の候補者を選ぶ投票がおこなわれました。県下203名の国会議員、県会議員、神戸市会議員、地域支部長・幹事長、職域支部長・幹事長を対象によびかけたところ、出席率89%と通常の倍近い高出席率。関心の高さが伺えました。
6月23日スピーチ
谷公一県連会長からも「これほどの大規模で、オープンな形での候補者選びはかつてない」と挨拶。2人の候補者による15分間づつのスピーチをしました。
6月23日スピーチ623投票

開票の結果、私、加田裕之が得票多数の為、来年夏の参議院候補として選ばれました。
県連としては直ちに党本部へ申請します。
来年夏にむけて兵庫県全土を駆け回り政策を訴えてまいります。

第77回兵庫県土地家屋調査士会総会に出席

県土地家屋調査士会
兵庫県土地家屋調査士会の総会に参加しました。現在、問題となっている所有者不明土地問題について話題が集中しました。私はあいさつで、全国の農地面積の約2割にあたる93万haが、未登記か登記されているかどうかすらわからない「所有者不明農地」についてふれました。解決策としては、現在、農業経営基盤強化推進法を改正し、農地バンクの活用の要件を緩和し、利用しやすくするとされています。しかし、このような対処療法ではなく、しっかりした原因療法で解決しなければ、食糧安保や国土保全などに全体的な影響がでると指摘しました。

今年もお世話になりました。

平成29年もあと残すところ6時間半となりました。
今年も本当にありがとうございました。
本年は神戸開港150年に幕開けし、
4月に兵庫県議会自民党議員団の幹事長に就任しました。
早速、議会改革、議員定数、広報委員会の問題に自民党県議
団の代表として取り組みました。特に議員定数の特別委員会で
は、県内の都市部に議席が集中する一方で、郡部においては
人口減少で議席が毎回削減されているの現状に危機感を覚え
ています。地方議会の立場から「東京一極集中」を批判しながら
その一方で、議席においては県内の「ミニ東京」である神戸市な
どの比重が重くなってきていることも事実です。公職選挙法を改
正しない限り、この問題は抜本的には解決できません。条例制
定しか認められていない地方議会は、ただただ、「中央」に陳情
しなければならない現実に苛立ちをおぼえます。
来る2018年は明治150年、兵庫県政誕生150周年の節目の年
にあたります。
我々は、明治維新以来50年に一度、それまでとは全く異なる新
しい国を創ってきました。しかし、1968年からの直近50年にお
いては、やもすれば問題を先送りし、過去の遺産でやりくりする
一面もあったのではないかと思います。
人口減少、都市と地方の格差と難問は山積ではありますが、
私自身、全力で取り組み、少しでも政策実現し、頑張って参る
決意です。
貴方様におかれましては輝ける平成30年をお迎えになりま
すよう衷心より御祈念申し上げまして年末の御挨拶にかえ
させていただきます。

平成29年度 陸上自衛隊総合火力演習

20170828153511bdf.png
麗峰富士山の裾野に広がる東富士演習場で陸上自衛隊の大規模実弾演習「平成29年度冨士総合火力演習」が行われました。厳しい訓練の成果を目の当たりにして、改めて国民の安全・安心を守る自衛隊の皆様に敬意を表します。

陸上自衛隊

演習では、「島嶼部における攻撃への対応」として重要な三段階である「部隊配置」「機動展開」「奪回」の作戦様相を取り入れた演習を披露。

20170828153539b13.jpg
「即応機動する陸上防衛力」の主要構成装備品である機動戦闘車及び水陸両用車の展示もおこなわれました。
プロフィール

カダ ヒロユキ

Author:カダ ヒロユキ
自民党兵庫県 参議院選挙区支部長
神戸市長田区選出の兵庫県議会議員。
党派:自民党
平成15年初当選。現在4期目。
神戸新聞マーケティングセンター記者当事、阪神淡路大震災の被災現場を取材したことがきっかけで政治家を志す。「熱血県政」をモットーに、常に現場主義で行動、政策提言している。党県連青年局長、第121代県議会副議長、党県議団幹事長をつとめ、2019年夏の参議院選(兵庫県地方区)で自民党本部より公認。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。